アミノ酸との関係は | プロテイン完全ガイド -筋肉・ダイエットへの効果にせまる-

アミノ酸との関係は

プロテインとアミノ酸その違いはどこにあるのでしょう。アミノ酸とは正確に言うと、カルボキシル基とアミノ基をもつ化合物で、中でもその2つが同じ炭素原子についているものをアルファアミノ酸といいます。そのアミノ基の炭素原子との結びつき方によって、ベータアミノ酸、ガンマアミノ酸デルタアミノ酸とに種類が分かれています。 プロテインとはたんぱく質の事です。たんぱく質は、数十個以上のアミノ酸から構成されているのです。80種類以上ある天然のアミノ酸の中で、20種類のアミノ酸がたんぱく質を構成しているのですが、特にそのほとんどは先ほどのアルファアミノ酸です。つまり、プロテインを構成する最小単位がアミノ酸だということです。そして、人間の血管、脳、筋肉、神経、毛髪、爪など様々な部分が、そのたんぱく質で作られています。

体内のたんぱく質はつねに分解と合成が繰り返されています。体タンパクの寿命は様々ですが、平均的な体格で体重50kgの人の体には約7kgのたんぱく質があり、毎日約280gが分解され、ほぼ同量のたんぱく質が合成されています。この作り替えスピードが老化に直接関係してきます。分解される体タンパクの70%はリサイクルに回され再び合成に使われますが、残り30%は体外に捨てられるため、その分を食事から摂らなければ材料不足となり、たんぱく質の作り替えに支障がでてしまいます。良質なたんぱく質は毎日自分の体重の1000分の1(60kgの人であれば60g)の確保が不可欠です。

食品に含まれるたんぱく質は消化の過程でアミノ酸まで分解されて血中に入り、各細胞に運ばれ、酵素や体タンパクに再構成されて使われます。摂取の全体量の不足はもとより、たった1つのアミノ酸の不足でも合成を滞らせることになり、各種機能の低下、老化スピードの加速につながります。たんぱく質の摂取にあたっては、食品に含まれるたんぱく質の量ばかりでなく、アミノ酸バランス、さらに、吸収率なども考えなければなりません。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

効果的選び方
プロテインサプリメントも、その原材料や成分などからいくつかの種類に分けることができます。まず、プロテインサプリメントの原材料としては、牛乳と大豆(ソイプロテイン)があり、・・・続きを読む

ダイエットでの注意点
プロテインの、ダイエット用サプリメントとしての効果に注目が集まっています。通常、たんぱく質は肉や卵からも摂ることができますが、それらを大量に摂取すれば脂肪も大量に摂取・・・続きを読む

筋肉トレーニング
ボディービルダーやプロレスラーを始め、のスポーツ選手が筋肉増強、筋力アップのためにプロテインを愛用しています。しかし、食事バランスの悪いトレーニングは、逆にエネルギ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009 プロテイン完全ガイド -筋肉・ダイエットへの効果にせまる- All Rights Reserved.