パワー系アスリートには | プロテイン完全ガイド -筋肉・ダイエットへの効果にせまる-

パワー系アスリートには

筋力トレーニングや激しいスポーツを行うと、当然ですが普通の生活に比べて体が激しく消耗します。体内のたんぱく質はつねに分解と合成が繰り返されています。体タンパクの寿命は様々ですが、平均的な体格で体重50kgの人の体には約7kgのたんぱく質があり、毎日約280gが分解され、ほぼ同量のたんぱく質が合成されています。

この作り替えスピードが老化に直接関係してきます。食べ物からでは足りない成分を取るためにプロテインを摂取する。つまり、基礎的な体作りをしっかりするために、プロテインで足りない栄養を取り入れているという事です。プロテインと運動の組み合わせにより、より効果的に引き締まった体をつくり上げるのです。カロリー過多になってしまうことを危惧し、たんぱく質であるプロテインを控えるべきと思われる人も少なくありません。ですが、たんぱく質はプロテインより食べ物の形で摂取する方が高いカロリーです。プロテインを控えると、結果的にカロリー高になりがちです。

筋繊維を修復し、筋トレをしている間のエネルギー補給を目的とする場合。プロテインは、ある程度吸収されるのに時間を要しますから、筋トレ中に吸収させるためには、筋トレをする1〜2時間前に飲む必要が、筋繊維の修復と疲労回復が目的であるなら、筋トレを行うと、成長ホルモンが活発に分泌されますので、それに合わせて筋トレの後、30分以内に飲みます。そして、筋繊維の修復を主眼に置くなら、就寝した後30分〜3時間の間に成長ホルモンの分泌が活発になりますので、夜寝る2時間前に飲むのがいいでしょう。

プロテイン摂取の目的は、一義的には筋肉を鍛えるため。筋肉のうち、瞬発力に優れた速筋よりも、持久力で威力を発揮する遅筋の形成を整えるのが目的です。つまり赤色筋を育てるということは、鍛えてもむきむきにならず、長時間使える筋肉を育てることが可能になるのです。


スポンサード リンク



当サイト人気コンテンツ

効果的選び方
プロテインサプリメントも、その原材料や成分などからいくつかの種類に分けることができます。まず、プロテインサプリメントの原材料としては、牛乳と大豆(ソイプロテイン)があり、・・・続きを読む

ダイエットでの注意点
プロテインの、ダイエット用サプリメントとしての効果に注目が集まっています。通常、たんぱく質は肉や卵からも摂ることができますが、それらを大量に摂取すれば脂肪も大量に摂取・・・続きを読む

筋肉トレーニング
ボディービルダーやプロレスラーを始め、のスポーツ選手が筋肉増強、筋力アップのためにプロテインを愛用しています。しかし、食事バランスの悪いトレーニングは、逆にエネルギ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009 プロテイン完全ガイド -筋肉・ダイエットへの効果にせまる- All Rights Reserved.